北海道 住宅 注文住宅 家 木材 木 プレカット 木造住宅 工場見学など住まいづくりのサポーター

tel. 0125-32-1236

株式会社ニッショウ

安心で快適な住まいづくりのお手伝い。家づくりのプロがフルサポートします。 業者様はこちらから

構造の大切さ

地震に耐えられるだけでいいですか?
構造の大切さについて
阪神淡路の震災以来、耐震偽装の欠陥住宅など、「構造の大切さ」について気になりますね。地震に対する強さについては、建築基準法を順守していれば、工法により差異はありません。どんな構造でも、きちんとした設計と施工がなされれば、十分な耐震性が確保できるのです。そのためには、信頼のできる業者を選ぶこと、定期的なメンテナンスを怠らないこと、などが「建物の構造の強さ」、「家を長持ちさせること」へと繋がります。
地震に強い家とは・・・
現状の建築基準法では、残念ながら根本思想として「必要最低レベルの確保」です。
中規模の地震(東京の例)で震度5強程度では損傷がなく、大規模の地震(震度6強から7)では倒壊・崩壊しないとなっております。大地震でも建物を建てなおさず住み続けるほどの強度は、要求していません。

建物の損害の程度は・・・
「倒壊・崩壊等せず」とは、「人命に影響を及ぼす程には壊れない」ことを意味し、「家屋が損傷せずそのまま住み続けられる」ことまでは含みません。
「損傷を生じない」とは、壁にひびが入る等少々壊れたにしても、「構造上の大規模な修正工事をしなくても住み続けられる」程度を指します。

つまり、「数十年に一度程度の中地震では、少々壊れたにしても修復して住み続けられ、数百年に一度程度の大地震では、倒壊・崩壊等による圧死からは逃れられるが家は建てなおさなければならない。」というところが建築基準法のレベルです。

その点をどう考えますか?高いお金を出して建てた家が変形したら困りますよね。
当社、株式会社ニッショウでは、構造躯体の選定・計算を実施し、加工した材料に対し10年の品質保証をつけ、地震、台風、積雪に強い家を建てるお手伝いができます。


Copyright (C) Nissyo Corp. All Rights Reserved.     北海道の住宅・注文住宅にプレイカット工場から構造材のご提案