北海道 住宅 注文住宅 家 木材 木 プレカット 木造住宅 工場見学など住まいづくりのサポーター

tel. 0125-32-1236

株式会社ニッショウ

安心で快適な住まいづくりのお手伝い。家づくりのプロがフルサポートします。 業者様はこちらから

新築住宅の今と昔

北海道に住むなら絶対確認!
高断熱・高気密
「高断熱」とは、断熱材を壁や屋根・床に使用し、外気の寒さを室内に伝わりにくくするとともに、室内の暖かさを外に逃がさないようにすることで、省エネルギーな住まいを手にすることができます。 しかしこの「高断熱」により、窓ガラスや壁に生じる「結露」が新たな問題として発生しました。 結露をそのままにしておくと、住まいの寿命を縮めるだけでなく、ダニやカビの増殖を促進します。 同時に、高気密化も進んだことにより、室内の換気が十分に行われず、結果としてシックハウスなどのアレルギーを発症させる要因にもなりました。 このことからも、性能をきちんと理解した上で採用していくことが大切です。
【 今と昔のエネルギーロスの比較 】
今と昔のエネルギーロスの比較
ローンを払い始めてすぐに健康被害!?
シックハウス症候群
有害な化学物質によって引き起こされる諸症状(めまい・吐き気・頭痛など)を「シックハウス症候群」といいます。 現在の住まいは、「高断熱・高気密化」が進んでいるので、換気量に注意しないと無意識のうちに多くの化学物質を摂取してしまうのです。
【 シックハウス症候群対策 】
新築・リフォームの場合、どのような建材を使用するか、十分な検討が必要です。
シックハウス症候群対策として最も有効なのは、換気をすることです。室内の温度・湿度が上昇することにより、化学物質の濃度はあがってしまいます。さらに、化学物質は建材だけでなく、私たちの身の回りにあるもの(家具・日用品)からも放散されます。なるべく化学物質は住居内に持ち込まないように心がけましょう。
建築基準法によるシックハウス法が2003年の7月に施行され、規制対象物質の使用量などが規制されています。

化学物質の室内濃度の指針値(厚生労働省)

厚生労働省が濃度指針値を定めた13物質
化学物質 指針値※ 主な用途
①ホルムアルデヒド:VVOC 0.08ppm ・合板、パーティクルボード、壁紙用接着剤等に用いられるユリア系、メラミン系、フェノール系等の合成樹脂、接着剤 ・一部ののり等の防腐剤
②アセトアルデヒド:VVOC 0.03ppm ホルムアルデヒド同様一部の接着剤、防腐剤等
③トルエン:VOC 0.07ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
④キシレン:VOC 0.20ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
⑤エチルベンゼン:VOC 0.88ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
⑥スチレン:VOC 0.05ppm ポリスチレン樹脂等を使用した断熱材等
⑦パラジクロロベンゼン 0.04ppm 衣類の防虫剤、トイレの芳香剤等
⑧テトラデカン 0.04ppm 灯油、塗料等の溶剤
⑨クロルピリホス:SVOC 0.07ppb しろあり駆除剤
⑩フェノブカルブ 3.8ppb しろあり駆除剤
⑪ダイアジノン 0.02ppb 殺虫剤
⑫フタル酸ジ-n-ブチル 0.02ppm 塗料、接着剤などの可塑剤
⑬フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 7.6ppb 壁紙、床材等の可塑剤

※25℃の場合 ppm:100万分の1の濃度、ppb:10億分の1の濃度

①⑨は建築基準法の規制対象物質
①~⑥は住宅性能表示で濃度を測定できる6物質
・WHO (世界保健機構)
・VVOC (超揮発性有機化合物)
・VOC (揮発性有機化合物)
・SVOC (半揮発性有機化合物)

ただし、室内汚染の濃度の指針値はあくまでも判断基準の1つなので居住者の健康被害との関係については、指針値をクリアすれば絶対安全であるというものではありません。

【 改正建築基準法に基づくシックハウス対策の概要 】
1.ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制
  • ①内装仕上げの制限
  • ②換気設備設置の義務付け
  • ③天井裏などの制限

2.クロルピリホスの使用禁止

ページTOPへ


Copyright (C) Nissyo Corp. All Rights Reserved.     北海道の住宅・注文住宅にプレイカット工場から構造材のご提案