在来工法

建築構造の中の木構造の構法のひとつで、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた構法のことを「在来工法」と言います。
伝統工法から引き継がれた継手・仕口(蟻仕口・ほぞ)による接合方法を基本としており、木材と木材の複雑な接合に金物で補強します。

在来仕口の加工種類