プレカット

プレカットは、従来、1本1本の木材に墨を付け刻んでいたものを工場にて機械加工を施すことをいいます。
弊社は木造軸組工法のプレカットを行っており、お客様からの図面を基にコンピュータと自動加工機を用い良質な木材に加工を施しております。

工場プレカットのメリット

  • 現場作業の省力化をはかり、工期短縮やコスト削減につながります。
    仕口・継手の加工はもちろん、筋かい、間柱、垂木、まぐさ、窓台などの羽柄材加工も工場で行いますので、現場加工の工程が短縮され、 作業効率が向上します。
  • 均質で安定した品質の部材が供給可能。建物自体の強度や耐久性が向上します。
    メーカーから搬入された部材を精査後、木の癖などを判断しCAD入力データに基づき全自動加工します。
    また、加工された部材が当社基準に適合しているか厳密に検査し出荷します。
  • 建築現場での資材置き場の縮小化や産業廃棄物の抑制が図れます。
    加工されたプレカット部材は、部位ごとに梱包され、指定された時間に納入いたします。

工場レイアウト

当社では独自に選定したルールに基づき、品質チェック・加工後の制度チェックを行なっています。


●土地:約6,400坪
(12,000㎡)
●工場・倉庫:約2,200坪
●加工坪数:約6,000坪/月
(木造軸組工法)

●土地:約6,400坪(12,000㎡) ●工場・倉庫:約2,200坪 ●加工坪数:約6,000坪/月(木造軸組工法)